作業効率を高めるために役立つコピー複合機

使う頻度が高い機能とは

最も使用頻度が高いのは、コピー機能だと思います。
これは書類を何枚も複製したい時に使う機能で、普段から何気なく使っている人が多いでしょう。
コピー複合機にはパソコンやスマートフォンに入っているデータを紙に印刷する、プリントアウト機能が備わっています。
すばやく印刷するために、パソコンやスマートフォンと連動できるコピー複合機だと便利でしょう。

メールとは別に遠くにいる人に書類を送信できるよう、ファックス機能も最低限必要です。
またスキャン機能があれば、書類をそのままデータに変換して、パソコンやスマートフォンの中で保存することができます。
大抵のコピー複合機にはこの4つの機能が入っているので、状況に合わせて使いましょう。

紙を節約したい時

書類が複数ある時に、1枚の紙にまとめて印刷する機能があります。
それが集約印刷で、紙を節約できる面がメリットです。
1枚の紙で全ての情報が集約され、書類が増えることを防げます。
大量の書類があると目を通すのが大変なので、この機能でまとめましょう。
1枚に記載する情報量が増えれば、文字も小さくなってしまう面がデメリットです。

すでに他の書類を印刷しているけれど、1枚だけ別の書類を印刷したい時に割り込み印刷を使ってください。
大量に書類の印刷をしている時は、長い時間待たなければいけません。
余計な待ち時間を失くし、効率良く仕事を進めるために、割り込み印刷の機能があるコピー複合機を会社に導入することをおすすめします。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ