不正を防ぐ機能がある

個人情報を印刷する

大事な情報を印刷する際は、地紋印刷を選んでください。
これは書類の下地を、関係ない文字やマークで埋め尽くす機能のことを言います。
地紋印刷があれば不正にコピーされることはないので、トラブル防止に繋がります。
書類が原因で会社の情報が周囲に漏れてしまうトラブルが実際に起こっているので、できる限りの対策を行ってください。

特に顧客の情報が漏れると、関係ない第三者を事件に巻き込んでしまう恐れがあります。
会社の信頼が著しく低下するので、そのようなトラブルが1回も起こらないよう気を付けましょう。
また著作権にかかわるようなイラストやマークなどを印刷する際も、地紋印刷を使いましょう。
これらも不正に利用されるリスクがあるので、工夫して印刷をすると安心です。

ユーザー登録ができる

中には、ユーザー登録機能があるコピー複合機もあります。
登録しているユーザーしかコピー複合機を使用できないので、絶対に社外に漏れてはいけない書類を印刷する時に使いましょう。
またこの機能があれば誰がどのタイミングで、どのようなデータを印刷したのか把握できます。
万が一トラブルが起こった時に、犯人を絞り込みやすい面もメリットですね。

社員を疑うのは悲しいですが関係ない人に疑いの目を向けないよう、このような機能があると助かります。
また、このような機能があるから悪いことをしてもすぐに気づかれると、社員に伝えておきましょう。
社員も、普段から不正をしようという気持ちがなくなるはずです。
それが、トラブルの抑制に効果を発揮します。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ